敗者の日記 - The diary of the loser -

FX負けトレードを掲載していきます!

◉ 20210512 (Wed) Today's trade

● Trade 4: Lose 2, Draw 0, Win 2,

・20210512_USDJPY

f:id:joonjoon:20210513075805p:plain

f:id:joonjoon:20210513075829p:plain

USDJPY_M15

f:id:joonjoon:20210513075849p:plain

USDJPY_M5

考察

◉No.1(a,b,c)
Sell : 前日高安間の下降波からのプルバックの上昇波が、前日高値をトップとするMトップのネックライン付近より反転すると考えShort。(前2回で、反応していることより、SMA21(H4)コンタクトでの反転の可能性も考慮した。)
Close : S/Lに達した。
・エントリータイミングが早すぎた。反転を確認していない。M15足(最低でもM5足)陰線が必要だと思える。

◉No.2(a,b,c)
Sell : 前々日高値、前日高値で引いた、切下げラインに対して、M15足レベルでMトップを形成したことより、ネックラインの位置でShort。
Close : 重要指標発表5分前決済。(21:30 アメリカ・消費者物価指数 04月[前月比])
・前日安値に対するWボトムネックラインを分割1の利確目標に設定するか迷ったが、設定せず。結果としてそこから反転してしまった。
No.1の損失トレードを取り返そうとの心理から、妥当でないリスクを取ってしまった。

◉No.3(a,b,c)
Buy : 「21:30 アメリカ・消費者物価指数 04月」発表後の上昇波の押しFib38.2%付近でLong。
Close_a,b : S/Lに達した。
Close_c : S/Lの設定が間に合わず、a,b決済後、成行で決済。
・シナリオに無いトレードであり、反射的なエントリーであった。

◉No.4(a,b,c)
Buy : 「21:30 アメリカ・消費者物価指数 04月」発表後の上昇波の押しFib61.8%付近でLong。
Close : T/Pに達した。(月曜始値
・シナリオに無いトレードであり、反射的なエントリーであった。
・T/Pの設定が、明らかに守りに徹しており冷静さを欠いたトレードであった。
・No.3,4は実施すべきでは無いトレードであった。

 

◉今日すべきだったこと
① シナリオを決めてからシナリオに従ったトレードを行う。△
 ・シナリオ無きトレードは、値動きに惑わされたギャンブルにすぎず。
(No.3,4のトレードは、シナリオに無いトレードであった。)
② 現実的な、利確目標を設定する。
 ・東京市場では小さく、ロンドン・NY市場では、大きく。
・チャートの右に、目立つ抵抗線支持線が無い時は大きく。
 ・レンジでは、小さく。
 (根拠では無く、心理で決めてしまっていた。)
③ 迷いがあるときは、エントリーしない。△
 ・エントリーしなければ、利益は無いが、損失もまた無い。
 (No.3,4のトレードは、迷いがあったが、エントリーしてしまった。)
④ 優先順位を意識しトレードを行う。(根拠の強さ)○
 ・時間足は、長い程優先される。
 ・水平線は、トレンドライン(チャネルライン)、MA(変数がある為、不確定)より優先される。

f:id:joonjoon:20210513080426p:plain

USDJPY_H1

f:id:joonjoon:20210513080442p:plain

USDJPY_H4

f:id:joonjoon:20210513080455p:plain

USDJPY_D1