敗者の日記 - The diary of the loser -

FX負けトレードを掲載していきます!

◉ 20210505 (Wed) Today's trade

● Trade 3 : Lose 2, Draw 1, Win 0,

・20210505_USDJPY

f:id:joonjoon:20210506071655p:plain

f:id:joonjoon:20210506080146p:plain

USDJPY_M15

f:id:joonjoon:20210506080159p:plain

USDJPY_M5

考察
◉No.2(a,b,c)
Buy : H1足切り上げラインからの上昇波のプルバックが、先週高値、当日始値から反発したと判断しLong。
Close : S/Lに達した。
・方向性の定まらない位置で、短期足の値動きでエントリーを行ってしまった。様子見をすべきであった。
◉No.3(a,b,c,d)
Sell _a,b,c : H1足切り上げラインを下抜けと判断しShort。
(c : エントリーが遅れてしまった。)
Sell_d : (c)のエントリー遅れのトレードを有利な位置へ変更し直すための追加エントリー。(損失を拡大してしまう可能性が高く行うべきでは無かった。)
・H1足切下げげラインを下に抜けたことに対して、反射的にエントリーしてしまった。完全に抜けたのかの確認とプルバックを待つことを行なっていなかった。

 

○ 前日日足は、ハラミ足となっており、レンジとなり値幅の狭い動きがしばらく継続することは、容易に推定できたはずであり明らかな大きな値動きが起こるまでは、様子見をすべきであった。

 

◉ 今日すべきだったこと
① シナリオを決めてからシナリオに従ったトレードを行う。○
 ・シナリオ無きトレードは、値動きに惑わされたギャンブルにすぎず。
② 現実的な、利確目標を設定する。○
 ・東京市場では小さく、ロンドン・NY市場では、大きく。
・チャートの右に、目立つ抵抗線支持線が無い時は大きく。
 ・レンジでは、小さく。
③ 迷いがあるときは、エントリーしない。○
 ・エントリーしなければ、利益は無いが、損失もまた無い。
④ 優先順位を意識しトレードを行う。(根拠の強さ)○
 ・時間足は、長い程優先される。
 ・水平線は、トレンドライン(チャネルライン)、MA(変数がある為、不確定)より優先される。

・環境認識の判断が誤っていたことと、MT5起動後直ぐにトレードを開始してしまったことが敗因であったと思う。事前にシナリオを建てていたとしても、チャートから一旦離れてしまってからの再開では、機会を逃したとしても再検討が済むまではポジションを取るべきでは無かった。

f:id:joonjoon:20210506080237p:plain

USDJPY_H1

f:id:joonjoon:20210506080250p:plain

USDJPY_H4

f:id:joonjoon:20210506080304p:plain

USDJPY_D1